ブログ

  1. トップページ
  2. ブログ

2017.04.18 足関節テーピングは踵を固定するだけで効果あり!

みなさまこんにちは。エフラボ接骨院です。

当院もスポーツ選手に来院していただけるようになりました。
足首の捻挫は内側に捻じることが多いため、足首の外側の靭帯を痛めます。
靭帯とは骨を骨をつなぎとめているバンドのようなものです。これを痛めると関節が不安定になります。
これを解消させる方法の一つにテーピングがあります。
どこを固定すればよいのか…。
骨と骨をつなぎ止めるんです。この場合は、下腿部の骨と距骨になります。
だけど、距骨は骨の中に埋まっているようなものだから踵骨を変わりに使います。フィギュアエイトとヒールロックね。
これが秘訣です。
不安定な関節にテーピングで固定すると筋力が上がるという研究もあります。

名古屋市名東区のエフラボ接骨院。
交通事故にも迅速に対応いたします。
今後とも宜しくお願い申し上げます。
http://flab-nagoya.com
info@flab-nagoya.com




  • 医院の紹介
  • 医院の特徴
  • 診療内容