ブログ

  1. トップページ
  2. ブログ

2017.05.2 男性と女性ではストップ動作で使われる筋肉が違うって知っていましたか?

みなさまこんにちは。エフラボ接骨院です。

春になるとスポーツをする機会も増えることと思います。
今回は、スポーツによるケガの仕方で少し変わったお話をしたいと思います。
バスケットやサッカーでは、ストップして方向転換する動作が多くみられます。そのストップ動作でケガをするものの一つが前十字靭帯です。
前十字靭帯とは、大腿骨に対して下腿骨が前に移動しないように止めている靭帯です。
この靭帯が、ストップ動作のみでケガをしてしまう。しかも女性に多い。
なんで~???

ストップする時は、重力により股関節と膝関節が曲がっていくストレスが加わります。
それに抵抗するには、股関節が伸びようとするか、膝関節が伸びようとするかどちらかですよね。
女性は、この時に膝関節を伸ばす力で抵抗するとの研究があります。
ってことは、膝関節を伸ばす大腿四頭筋が大腿骨を前から後ろに下げて、その結果、靭帯が引っ張られて切れる。
こんな感じかな。
みんな~、ランジでハムストリングスに意識を集中せよ!

名古屋市名東区猪子石原のエフラボ接骨院。
交通事故にも迅速に対応いたします。
今後とも宜しくお願い申し上げます。
http://flab-nagoya.com
info@flab-nagoya.com




  • 医院の紹介
  • 医院の特徴
  • 診療内容