ブログ

  1. トップページ
  2. ブログ

2017.09.14 体幹安定性に直結する腹横筋!本当か?

みなさまこんにちは。エフラボ接骨院です。
最近は、書籍の原稿の締切が近づいていましたので、時間がなく投稿できませんでした。出版になりましたら報告させて頂きます。<(_ _)>よろしく~♪

論文紹介第10弾で~す(^^)
Unipedal postural stability in nonathletes with core instability after intensive abdominal drawing-in maneuver
J Athl Train. 2015 Feb;50(2):147-55
前々回の投稿では、“腹横筋というお腹にある筋肉を鍛える方法を調べた論文を紹介します”ってことをしました。
今回は、その腹横筋は、姿勢を安定するのに関与しているのか?とのことを調べた論文がありましたので報告させて頂きます。

~この研究のあらすじ~
平均年齢22歳の一般人19名に対して、ドローインエクササイズを1日20分 7日/週のペースで2週間実施しました。
その前後で姿勢評価を行い、腹横筋を鍛えることで姿勢の安定性に変化がおこるかを調査しました。
(トレーニング方法は、資料を参照して下さい)
結果は…。
①腹横筋を正しく鍛えることで、腹横筋の収縮は強くなりました。
②腹横筋が強くなったことで代償作用をする外腹斜筋の収縮が少なくなりました。
③立位での重心移動が少なくなり、姿勢の安定力が強くなりました。

腹横筋は体幹部でどのような仕事をしているのか。それは、背骨の前に頑丈な風船ができたような感じですかね。風船の一部が腹横筋です。
スポーツ選手を指導する時にいつも思うことがあります。
スポーツ特性や選手の身体の形や筋肉のつき方などを含めて、どんな状態を作れば最良であるのか。
その競技に合った、その選手の特徴を考慮した、ということにはなるけど。
こんなことが最良なのであろうと考えると楽しくてたまらない o(^^)o

名古屋市名東区猪子石原のエフラボ接骨院。
ケガの治療やリハビリを得意とします。
今後とも宜しくお願い申し上げます。
http://flab-nagoya.com
info@flab-nagoya.com



  • 医院の紹介
  • 医院の特徴
  • 診療内容