ブログ

  1. トップページ
  2. ブログ

2017.09.28 呼吸の乱れは姿勢を不安定にする!本当か?

みなさまこんにちは。エフラボ接骨院です <(_ _)>

今回も論文紹介でーす。第11弾
Postural activity of the diaphragm is reduced in humans when respiratory demand increases 
Journal of Physiology (2001), 537.3, pp.999–1008

最近の投稿は、姿勢に関わる論文紹介が多いですね。
当院の治療では、人間が重力に抵抗しながら生活するための身体作りを深く考えています。
患者さんの身体作りのお手伝いで喜ばれることが多くて…そんな勉強をすることが増えたんだと思います。

それでは、今日のテーマ…。
呼吸の乱れは、姿勢を不安定するか? 


正解は…。
不安定にします。


そのわけは…。
姿勢を安定させるために、体幹部の5つの筋肉が協力しあって筋肉コルセットを作っています。その1つに横隔膜と腹横筋があります。
横隔膜と腹横筋は、腹式呼吸で使われています。
ようするに、横隔膜と腹横筋は、姿勢の安定化と呼吸に使われているから、息が荒れてくると呼吸の仕事を優先するってことですね。

資料も作ってありますから、参考にしてくださーい (^^)


呼吸がみだれると姿勢が不安定になるのかぁ。不安定ってことは、パフォーマンスは下がるし、腰痛の原因にもなりえる…。

これを解消するには、どうしたらいいんだろう?

これには、体幹筋のトレーニングと呼吸を組み合わせるといいし、その時に効率よく活動させる姿勢の保持も必要なんですよ。
具体的な方法は、また紹介しますね。

名古屋市名東区猪子石原のエフラボ接骨院。
スポーツ選手を応援します。
今後とも宜しくお願い申し上げます。
http://flab-nagoya.com
info@flab-nagoya.com




  • 医院の紹介
  • 医院の特徴
  • 診療内容